でかいカマキリが書くブログ

日々忘れない為に

ラジオ投稿の記憶

お久しぶりです。でかいカマキリです。
カコうカコうと思っても中々カケないのが女とブログですよね(8億キロバトル)。
誰も興味ないかもしれませんが今回はラジオ投稿についてのブログを書こうと思います。
 
鏡に映る自分が自分じゃないように感じたことが僕の人生には2回ある。
1つ目は童貞を捨てた日。19歳で童貞を捨てたあの日、鏡に映る自分はあきらかに自分ではなかった。『大人になった感』と『やってやったぜ感』が滲み出ていて、童貞時代の自分の皮を剥いだ全く新しい自分がそこにはいた。偉そうにほざいていますが、今でも初対面の女の人と話すとしっかり緊張するしエロいことしか考えてないし『終身名誉精神童貞』の称号を欲しいままにしてます。
2つ目は自分のネタが初めてラジオで読まれた日。2012年の高校2年生の頃、自分の考えたことが電波に乗って放送された喜びに痺れ、ふと見た鏡には『自分は友達とかより有名になってしまったんじゃないか』と思春期特有のスーパー自意識過剰が発生した自信に満ち溢れている自分がそこにはいた。
 
男の中の一大イベント『童貞喪失』と同じぐらいの衝撃を与えた出来事が『ラジオで読まれる』ことだった。
 
話が前後するが、ラジオに投稿するようになったきっかけを少し。
ラジオを聴くきっかけについてはここに垂れ流してます。

 

dekaikamakiri.hateblo.jp

正直投稿するようになったきっかけと言うきっかけはあまり無く、なんとなく「読まれたら嬉しいだろうな」ぐらいの感覚で投稿したのが始まりだった。しかし、いざ読まれてみたら上で記したほどの衝撃を受けてしまい投稿熱が燃え上がった。

さらに投稿熱が増したきっかけとしては『エレ片』『サンドリ』『馬鹿力』『東京03スクールナイン』と力を入れていた4番組すべて初めての投稿で読まれたことだ。出だしが良いとその勢いでズルズルと投稿し続け、悩み苦しみ喜び勇み一喜一憂してきた。

特に『サンドリ』には熱が入り、投稿していた青春真っ盛りの高校3年の頃の日曜日は、遊びの予定もすべて夕方までには終わらせ、20時には部屋に籠れる体制を作っていた。僕の青春は悪口と下ネタに囲まれていた。

投稿に熱が入りすぎて一時期ラジオ自体が嫌になり聴くことすら辞めていたこともあったが、今ではちょうどいい感じで投稿もできてラジオも聴けている。自分の性格的に何かにのめり込むと周りが見えなくなってしまう。ラジオを通して力の抜き方を教わったかもしれない。

 

私生活がめちゃくちゃ充実しているわけでもなく、かと言って死ぬほどつまらないわけでもない『勃起したら14㎝のチンコ』ぐらい普通な平々凡々な生活に刺激をくれたのがラジオ投稿だった。

今後もラジオを聴き続け、気が向いたらネタを投稿していく人生を歩んでいくと思います。皆さんどうぞよろしくお願いします。

 

アンケート協力ありがとうございます

こんばんは。でかいカマキリです。

 

先日Twitterの方でラジオについてのアンケートをお願いしたところ、非常にたくさんの方がRTなどしてくださり、現在約500件ほどの回答を得ることができました。本当にありがとうございます。思ったよりも反響が大きく非常に嬉しいです。皆さんから頂いたアンケート結果を基にしっかりと研究に生かします。本当にありがとうございます。

 

今回のアンケートでは『普段からラジオに慣れ親しんでいる方』の意見と『普段ラジオに馴染みのない方』の意見を募集しています。前者はTwitterを通して、後者は街頭や学内でせっせと集めています。

皆さまから『ラジオ好きばかりに聞いても意見が偏りそう』などの意見がありましたが、馴染みある方馴染みない方の両者からの意見を募集しております。しっかりと比較していきたいと考えてます。

アンケートの回答において『幅が狭すぎる』『具体性がない』との意見がありました。これはおっしゃる通りで、もっと様々な意見が聞けるような体制を作る必要があるなと感じることができました。比較ができる範囲で微調整していきたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。

 

皆さんから「アンケート結果を知りたい」との意見が数多くあったのですが、現在もまだまだ募集中で集計もかなり時間がかかりそうなのでいつお見せすることができるかわからない状態です。申し訳ございません。その中でも現在わかっていることや、気になった意見など簡単に紹介したいと思います。

 

「ラジオを持っていますか?」

この質問に対して「いいえ」と答えている方が47.1%もいました。約90%の方が週に2~3回以上は聴くと答えたのに対してこの数値でした。やはりradikoの普及でラジオ本体の普及率は下がっているのでしょうか。個人的には、ラジオで一生懸命合わせて聞くノイズ交じりの音声も好きです。

 

「定期的に聴く番組はありますか?」

やはりJUNK枠の番組が非常に目立ちました(エレ片以外)。聴いたことがある番組では『バナナムーンゴールド』が76.1%と断トツでした。最下位は『エレ片』の36.9%でした。『深夜の馬鹿力』が56.1%と言うのが個人的に意外でした。回答者の約60%が~24歳までの若者層だからなのかな?

JUNK枠以外だと『有吉弘行のsunday night dreamer 』『ダイアンのよなよな』『土田晃之日曜のへそ 』『TBS 24時代』が多かったです。過去に聴いた番組では断トツで『くりぃむANN』でした。

 

「おすすめ番組は?」

『オードリーのオールナイトニッポン』が非常に多かったです。関西で言うと『ダイアンのよなよな』『俺たちかまいたち』が目立ちました。個人的には『エレ片』『金属バットのラジオバンダリー』『北野誠のズバリ』をおすすめします。『金属バットのラジオバンダリー』は自主制作のラジオと言うこともあるのか、リスナーの狂いっぷりがとても気持ち悪くて面白いです。

 

「ラジオの魅力は?」

これは本当に様々な意見がありましたがやはり「パーソナリティとの距離が近い」と言う意見が多かったです。僕が初めてラジオに投稿し始めた時に強く感じました。自分のネタが読まれたらパーソナリティーと会話してる感覚に陥ったことを強く覚えてます。投稿だけに限らず、私生活のことなどテレビじゃなかなか聞けないことも聴けるのも理由の1つだと思います。

「聴こうとしなければ聴けない秘密基地のようなメディア」と言う意見がありましたが、すごく共感しました。ラジオを聴き始めた頃、自分の周りの同年代で聴いている人が全くおらず、自分だけがみんなの知らないモノを聴いてるぞ!と言う優越感のような物がありました。

 

最後に自由記述欄の感想などを簡単に。

 

「ラジオがもっとアーカイブなどで聴きやすくなるといいなと思います。YouTubeなどに違法アップロードされなくなって欲しい」

違法アップロード。ダメ、ゼッタイ。

 

「芸人さんが好きで聴いているのですが、作家さんの色が出るなと思います。」

投稿を始めてから思いました。作家さんの好きそうなネタに合わせて投稿しようとか思ったり思わなかったりラジバンダリ(大爆笑&拍手喝采)。

 

「テレビとはまた違った面白さがあって、決まった時間になったらいつもの場所にひっそりと仲間だけで集まる、そんなイメージを持っています。」

まさに秘密基地。Twitter上でもリスナー同士仲間感を感じてます。

 

「先日、買い物に行こうと駐輪場に停めてある自分の自転車に乗ろうとしたところ、ハンドル部分にでかいカマキリがとまっていてとても怖かったです。応援してます。」

ごめんなさい。ありがとうございます。

 

「広告媒体としての価値は下がっていますが、そのぶん、スポンサーの縛りが少なく、かえって新しい情報媒体としての将来性はあるように思えます」

このような見方をしてみるのも面白いかもしれません。

 

「放送局だけでなく、リスナーに積極的にラジオ番組について発信させるような取り組みも大事だと思います。」

リスナーの発信から「このラジオ聴いてみよ!」って思えることありますよね。

 

「回答しながら気づきましたが、個人で自宅で聞く番組と、職場でかかってて就業中に聴きやすい番組ではまた違うなと思いました。 」

僕は基本的に好きな番組にめがけて聴きにいってるのでこれには気付けませんでした。一度一日中ラジオ垂れ流してみようかな。

 

「みんな!ラジオ聴いてみて!」

聴いてみて!

 

他にも、ここじゃ全て紹介しきれないほどの数多くの意見がありました。本当にありがとうございました。引き続きアンケートは募集していますので、何卒よろしくお願いいたします。また区切りのいいところで結果報告できたらなと考えています。皆さまありがとうございました。

 

 

1番古い記憶

ブログを始めてから過去を振り返る事が多くなった。楽しかった記憶が蘇ったり、思い出したくない記憶が蘇ったりと、なんだかんだ面白いからブログ開設した目的は達成出来てるような気がする。

 

様々な記憶が蘇るにあたり「自分が覚えている1番古い記憶はなんだろう?」と思うようになった。

思い返すと数多くの奇行が思い浮かぶ。

 

人様の家の養生してる苔をバクバク食べてみたり、自分から田んぼにハマり靴をわざと無くしてみたり、実家に置いてあったマッサージチェアにオチンチンを当ててみたり、オチンチンをデコピンして鍛えてみたり、シャンプーのノズル部分を外してオチンチンを入れてみたり、オチンチンに絵を描いてみたり、オチンチンでピアノを弾こうと頑張ってみたり、オチンチンを…

 

とにかく僕の人生にはいつもオチンチンが寄り添っていてくれたように思う。

 

オチンチンはさて置き1番古い記憶に話を戻す。1つの記憶が蘇ってきた。それは、親戚一同の集まりで、自分がベビーチェアに座らされてイクラを食べている記憶だ。イクラを一粒食べるごとに親戚達が拍手をしてくれたのを覚えている。まだ言葉があまり喋れず、ただ淡々と食べている。ベビーチェアに座り言葉が喋れないとなると1〜2歳ぐらいの時だろうか。

ここまでだと「ろくに喋れもしない時のどうでもいい事をよくもまぁ覚えてるな脳の無駄だろ俺は生きている価値がないクソ人間だな」ぐらいの感想になるけど、1つ気になる点がある。

この「イクラを食べている時」が撮影されていて、小学校低学年の頃にホームビデオとして見た記憶がある。だから1〜2歳ぐらいの記憶と見せかけ、実は小学生の時の記憶、と思うかもしれないが、イクラを食べていた時を思い出すと自分がイクラを食べている一人称視点で思い出される。ホームビデオに映ってない親戚の顔までも鮮明に思いす事ができる。ここまで見ると「1.2歳の頃の出来事を小学校の時に復習するように見たから覚えてるだけだろ馬鹿だな俺は本当生きてる価値ないよなトホホ」となるかもしれないが、僕は中学生までイクラを食べた事がなかったのだ。なんか赤くて丸くて生臭くて食わず嫌いしていた。じゃあ僕が思い出す、そしてビデオでも見たイクラを食べてる記憶はなんだったのだろう。母親に電話してビデオの存在を尋ねてみたが「そんなビデオは無い」と言われた。

じゃあ、あのビデオを見た記憶は何なのか。本当にイクラを食べていたのか。良く考えたら鮮明に覚えている親戚をあれ以来見た事無いじゃないか。

答えは闇の中だ。

 

結局自分が1番古い記憶と思っていたものが事実では無いなら、幼稚園の頃オシッコを漏らした事が1番古い記憶になる。これは今でも友人に言われるのでおそらく本当。けど、この友人も僕の記憶違いか何かで現在まで脳内にのみ存在する友人だったらどうしようか。

 

皆さんも過去を振り返ってみてはいかがでしょうか?

その記憶は本物ですか?

オチンチンは寄り添ってくれていますか?

 

ラジオの記憶

こんにちは。ラジオ大好きでかいカマキリです。

今でこそラジオが大好きでラジオを聴きながらでないと寝れない体になってしまったが、いつからラジオを聴くようになったのだろう。記憶を掘り起こしてみた。

 

初めてラジオと言うモノに触れたのはいつだったか。

 

僕が幼稚園の頃、父親がラジオでプロ野球中継を聞いていた。

毎日のように聞いていたわけではないが、時折ふとラジオを取り出しビール片手にラジオを聴いて一喜一憂していた。そんな父親が何故かカッコ良く見えた事を覚えている。それを真似して幼稚園から帰ってくると、ジュース片手に何の番組かも誰が喋っているのかも知らずにラジオを聴いていた。今思えば聴くフリをしていただけだろう。

 

これがラジオに関する一番古い記憶だ。

 

ラジオを聴くフリをするのもいつの間にか辞めてしまい、ここから十数年後、深夜ラジオにハマるまではラジオよりもテレビが大好きで、毎日のようにテレビに齧りつき、バラエティ番組ばかり見ていた。今回はラジオなのでテレビの話はまたいつか記憶の蓋が開いたときに。

深夜ラジオにハマったきっかけは『JUNKサタデーエレ片のコント太郎』を聴いてからだ。『JUNKサタデーエレ片のコント太郎』とは、エレキコミックさんとラーメンズ片桐仁さんのユニットがパーソナリティを務めるTBSラジオの番組である。

僕がこの番組と出会ったのは2012年の2月だったと記憶している。当時、僕は高校2年生だった。何に対してもやる気がなく、適当に学校に行き、すぐに自宅に帰り、テレビを見たりネットサーフィンをして日々を過ごしていた。お笑いがとにかく大好きだったのでお笑い番組を見漁ったり、お笑い番組を見漁ったり、そして時には、お笑い番組を見漁ったりと、お笑い番組を見漁ることに命をかけていた。そんな多忙な日々を過ごしていたら、同じくお笑い番組を見漁ることに命をかけている友人から、ラーメンズのDVDを半強制的に借りさせられた。そこでラーメンズのネタを見て「なんか不思議なネタをするし面白いな~」と思っていた。ラーメンズの存在は知っていて、かなりうろ覚えだが、小学校低学年の頃にオンエアバトルで見た記憶もあった。けど、ネタをしっかりと見るのは久々で、段々とラーメンズのネタのとりこになっていきDVDも買い漁っていた。そんなある日、ラーメンズについて調べていたら片桐さんがエレキコミックさんとラジオをやっているとの情報を得た。当時は、「エレキコミックとかいたなー。エンタとかメンBとか出てなー。明るいよとか言ってたな。」ぐらいしか思わず、とにかく片桐さんが何を話すのか死ぬほど気になっていた。今すぐにでも聴きたいと思ったが、僕の住む地域ではTBSラジオは受信できない。気になる、気になる、気になる...。気になったが最後、気付けばラジコプレミアムに登録していた。次の放送が楽しみで楽しみで「ラジオでもラーメンズみたいな空気なんだろうなー。知的な話をしそうだな!」とか思っていた。そして初めて放送を聴いた。

 

片桐「うんこが~...」

やつい「ちんこが~...」

今立「おっぱいが~...」

片桐&やつい&今立「ギャハハハハハハ!!!」

 

「なんだこれ!僕がイメージしていた片桐像が一瞬で砕け散った・・・。けど、めちゃくちゃ面白いな!」

 

あっと言う間の2時間だった。人生で一番早かった2時間だったかもしれない。それぐらい集中して聞いていた。そして僕は、うんこやちんこやおっぱいが好きと言うことに改めて気付かされた。くだらなすぎて面白すぎて「来週も聴きたい」その思いで聴いていたら5年経っていた。当初あった片桐=知的のイメージはすっかりなくなり、今では片桐=セックス&ゲームだ。そしてエレキコミックさんがとてつもなく面白い人たちと言うことにも気付かされた。

『JUNKサタデーエレ片のコント太郎』を聞いたことがない人はぜひ一度聞いてみてください。人間って全員100%うんこ、ちんこ、おっぱい好きですよね?じゃあエレ片も好きになるはずです。

 

ラジオを聴くフリをしていた頃から十数年後、20歳を超えた僕はビール片手にうんこ、ちんこ、おっぱいと流れてくるラジオを聴いています。父親のようにカッコ良くはないけど、悪くないよ。

 

 

 

こんにちは。でかいカマキリです。

皆さんこんにちは。でかいカマキリと申します。

 

普段はラジオ聞いたり、映画見たり、本読んだりして想った事とか感じた事とかをツイッターに糞尿の如く垂れ流してるのですが、もうちょっと長く書けたほうが面白いかな、と思いブログ始めてみました。

こんなブログ誰も興味ないと思いますが、数年経った後自分で見返して何か感じれたら良いなと思ってます。公開オナニーですね。それでも感想などあればとても嬉しいです。

 

ブログを始めるにあたり興味ないでしょうが少し自己紹介的なものを。

僕は今年23歳で大学4年生。単位やら何やら色々と危険状態ですが何とか学生と言う肩書に必死にしがみついてます。

自己紹介と言ってもこれぐらしか語ることがない自分が情けないです。

 

自己紹介も済んだところで、どんな事を垂れ流していくのかを簡単に。

 

現在大学4年生と言うことは、当たり前のことだけど3年前は大学1年生。1年生の頃の記憶はかなりしっかりとある。

中学3年生の頃の記憶も割としっかりあるが、中学3年生の3年前の小学6年生の頃の記憶は全くと言っていいほど無い。

これって何だか不思議な感覚だと思いませんか?伊集院さん言うところの「空脳」ってやつかもしれません。

このように「3年間」と言う同じ年数にも関わらず、感じ方とか記憶の無くなり方が全く違うことが面白くもあり、消えていくのが勿体ないとも思うので、文字に起こすのは難しいと思うが、この感覚、記憶を中心にブログに垂れ流していければと思います。

 

まあ感じた事とか昔の記憶を書くってことですね。

長々と書いたけど数文字でまとまりました。

 

初めてのブログからお見苦しい文章で恥ずかしいですが、日々精進していきたいと思ってますので、何卒宜しくお願いします。

 

とりあえず今はセックスがしたいなと感じてますよ。